永く繁栄する”ヒットコンセプト” に必ず含まれている要素とは?

コンセプト浸透力
この記事は約4分で読めます。

自分の商品・サービスを喜んで手にしていただくコツ2つを、前回の記事でお伝えしました。
その際のそも、使い手への想いは、どう明確にするのか?「想い」を作る3要素から、ひもといていきます。

 

 

こんにちは。

永遠のファンが育ち、あなた自身の心にも火がつく、

ヒットコンセプト戦略の 三上真帆です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、これをお伝えしたかったか

「想い」は、言い換えるとミッション・ビジョンとも言えますが、

関わる方々を見ていると、「伝えたい “想い” が明確になりません^^;」や、

「誰かにこうで貢献したい、とそんな立派な想いが僕にはありません・・」といった声が多いなと感じます。

 

根強いファンがつく人気サービスのヒミツでもあり、

あなた自身の行動の原動力にもなる

「想い」の、全体像を分かってもらった方が、

そういったナヤミを乗り越えられるので、扱っていきたいと思いました。

 

まず前提をお伝えしてもいいですか?

三上のお伝えしているヒットコンセプト戦略では、

「想い」を商品・サービスに吹き込むことで、

商品コンセプトや、サービスコンセプトにしていきます。

 

あなたの、この人生で大切にしていきたい想いや、

あなたの今までの人生で、強く感じさせられてきた想いを、

吹き込むことで、

商品・サービスは、あなたにしか伝えられないものへと変化していきます。
そのため、想いと商品コンセプトは、ほぼイコールです^^

なので、「想い」を明確化できたら、商品コンセプトもできたは同然。

だから、「想い」をまず明確にする、という前提がありますので、ご認識いただければと思います。

 

 

それでは結論を先にお伝えしていきますね。

なかなか明確にしづらい「想い」ですが、
以下の3要素から成っています。

 

 

==========

1.夢

2.役割

3.心の喜び

==========

です^^

 

これらの要素から成っているのですが、

人によって、割合はさまざまなのです^^

 

そのため、2番の”役割”の割合いが大きい人は、貢献欲が強かったりします。

逆を言えば、貢献欲が少ない「想い」もあります。
3番の”心の喜び”の中身や割合いによっては、必ずしもフォーカスが他人であるわけではありません。

 

だからといって、商品ができない、ということにはなりませんので、

安心してくださいね^^

 

それでは、カンタンに

ひとつずつ見ていきたいと思います。

 

“あなたの夢は何ですか?”

 

自分の気持ちに鈍感になってきている人には、

” あなたの夢は何でしたか? ”

と思い出す作業をしてもらう方が良いかもしれません。

 

夢は、代替経験でも実現しえます。

そのように枠を広げて捉えると、明確になっていきます。

 

 

役割

 

– 今までの職業柄、身につけてしまって、意識せずともできる立ち回りや、

– 今までの環境柄、身につけてしまって、意識せずともできる役割、

– 幼少期の頃から、得意だったり、自然とやっていた役どころ。

上記の内容から、案外あなたが思っているより、あなたには特徴があることに気づくところから、スタートです^^

 

心の喜び

この部分は、好きなこと、嫌なこと

両サイドから特定していくと早いです。

 

 

これらの3要素を合体させて、「想い」をつくる

以上に、3つの内容をカンタンに見てきましたが、いかがだったでしょうか?

 

この「想い」明確化に向き合う作業は、

大変ですが、持続的な成長を望まれるならば、飛ばせられないステップで、

でも、しっくりくるとあなた自身にとっても強力な威力を発揮していきますよ。

 

 

次回は、いよいよ集客の仕組みづくりについて触れていきますね^^

 

 

それでは。
朝陽と共に、あなたの心が活力あふれますように。!

 

 

タイトルとURLをコピーしました